虫歯は早くを取り除こう!

進行状況で異なる

虫歯になると歯医者に数回程度通い、治療をしなければなりません。

虫歯には軽度、中等度、重度に分かれ、進行状況によってC0〜C4までの5段階にさらに詳しく分けられます。
はじめに5段階の進行状況について詳しくご説明をいたします。まずC0についてご説明をいたします。C0は虫歯の進行が初期段階の場合に表されます。痛みなどを感じるような症状はありません。しかし、歯の表面が溶け始め白く濁ってまいります。次にC1についてご説明をいたします。C1でも痛みなどを感じない方も多くいらっしゃいます。症状といたしましては歯の表面が黒くなり始めます。また冷たい飲み物などが歯に染みるといったような場合があります。次にC2についてご説明をいたします。C2では象牙質の虫歯となり、痛みを感じる場合があります。次にC3についてご説明をいたします。C3では虫歯が神経まで達した場合に表されます。食べ物を食べていないような場合でも激しい痛みを感じたりすることがあり、その他にも熱いものでも歯にしみることがあります。最後にC4についてご説明をいたします。C4では歯根まで虫歯が広がった状態になります。膿が溜まり、神経は死んでしまうといったような状況になります。痛みはありませんが、歯のほとんどが溶けて無くなってしまうといったような酷い状況になります。

虫歯は以上のような段階にそれぞれ分けられます。お口の中の異変を少しでも感じられましたら歯科医院を受診するようにしましょう。
1日でも早く虫歯を発見し、重度の虫歯にならないようにしましょう。

TOPへ戻る